トップに戻る

バベル(Babel)

2009/12/5 赤桐

 Robert Abott氏の作ったカードゲームの1つです。ルールは氏の"Abott's New Card Games",1963,New Yorkという本によりました。


プレイヤー

 3人〜5人

カード

 52枚の普通のトランプを使います。

ディール

 最初のディーラーは任意の方法で決めます。次回からは、ディーラーは時計回りに交代します。

 ディーラーは各プレイヤーに10枚のカードを配ります。残りは残りは山札(Stock Pile)として裏向きに置きます。

ゲームの目的

 手札の中にポーカーと同じような役を作って得点することが、このゲームの目的です。

プレイ

 各プレイヤーが配られたカードを揃え終わり、全員が初めてよいと言ったらプレイが始まります。

 このゲームでのプレイとは、カードを交換することです。誰と何枚交換してもかまいません(1枚対2枚の交換などもOKです)。

 プレイの順番はありません。誰とどのように話し合ってもかまいません。交渉中のときに他のプレイヤーが割り込んでいってもかまいません。交渉が成立したら、すぐにカードを交換することができます。

 ただし、プレイヤーは自分の手札を見せることや、他のプレイヤーの手札を見ることはできません。

追加カード

 誰かが提案して、他の全員が賛成したら、山札から追加のカードを1枚ずつドローすることができます。これは何回行ってもかまいませんが、山札に全員分のカードがあるときだけに限ります(したがって5人ゲームのときには追加カードを取ることはできません)。

 追加カードを取っても、捨て札をする必要はありません。

上がり(Going Out)

 どのプレイヤーでも、下記の表でフラッシュかそれ以上の点数の役を2組作っていたら(ダブル・ストレート以上の役1組でもOK)、「ストップ(I'm out)」と言って、プレイを終了することができます。

 他のプレイヤーは、この言葉を聞くと、ただちにプレイをやめなければなりません。たとえカードを他のプレイヤーに渡す途中であっても中止します。

 上がったプレイヤー(ストップを言ったプレイヤー)には、特別な得点はありません。

得点

 プレイが終了したら、手札から5枚ずつ2組のカードを作り、それぞれ次のポーカーの役になっていたら得点して合計します(2組作れなければ1組だけでも作ります)。

ワンペア 1点
スリーカード 3点
ストレート 5点
フラッシュ 7点
フルハウス 10点
フォーカード 15点
ストレートフラッシュ 20点
ロイヤルフラッシュ(AKQJ10のストレートフラッシュ) 21点
ダブル・ストレート 30点
ダブル・フラッシュ 40点
ダブル・ストレートフラッシュ 80点

 ダブル・ストレート以下はポーカーにはない役です。これらの役のときは1つの役で上がりや得点を行います(他にカードの組を作って役を加算することはできません)。ダブル・ストレートとは10枚のカードのストレートのような続き札です。ダブル・フラッシュとは10枚のカード全部が同じスートのものです。ダブル・ストレートフラッシュとは同じスートの10枚の続き札です。

ゲーム

 累計得点が200点以上になったプレイヤーがいたら、そのプレイヤーの勝ちでゲームが終了します。そのようなプレイヤーが2人以上いたら、累計得点の大きいプレイヤーの勝ちです。


多人数ゲーム

 パーティー用の多人数ゲームでは、次のようにルールが変わります。

 カード: プレイヤー数の約3分の1の数のトランプの組を使用。

 スコアキーパー: 1人がスコアキーパーの役をします。スコアキーパーが各プレイヤーに10枚ずつのカードを配ります。

 プレイ: プレイヤーは自由に移動してかまいません。

 交換: 交換する枚数は同じ数でなければなりません(1枚対2枚の交換などはできない)。

 得点: ワンペアとスリーカードの役は得点になりません。得点になる役が2組手札になければ得点できません(ダブル・ストレート以上の役1組でも可)。

 上がり: 上記のように得点できるときは、上がることができます。誰かが上がってもプレイ終了とはなりません。上がったプレイヤーはスコアキーパーのところに行って、手札全部を渡し、得点を記録してもらいます。スコアキーパーは配り残りのカードから10枚のカードを上がったプレイヤーに渡します(配り残りのカードが無くなったら、スコアキーパーはそのプレイヤーより前に上がったプレイヤーからもらったカードをシャッフルして使います)。上がったプレイヤーはもらった10枚でプレイを続け、また上がることもできます。

 ゲーム終了: スコアキーパーに記録してもらった得点の累計が200点に達したプレイヤーがでたら、そのプレイヤーの勝利でゲームが終わります。


 2009年12月5日、なかよし村でプレイしました。普通の(多人数ゲームでないほう)をしました。

 それほど複雑な交渉する前に終わってしまうことが多く、スピードが要求されるようです。

 嘘をついていいかどうかちょっと微妙だったのですが、「嘘はついていいが、交換するために出すカードについては嘘をついてはいけない」ということでプレイしました。