トップに戻る

ベジーク(Bezique)と、ピノクル(Pinocle)の2人ゲーム

1995/12/22 赤桐

 ベジークは19世紀中頃にフランスで生まれ、他のヨーロッパの国やイギリスでも盛んになったゲームです。現在では一部に愛好家がいる程度のようです。

 オリジナルの32枚のカードを2組使うゲームが衰えてからも、カードを4組使うルビコン・ベジーク(ジャパニーズ・ベジーク)や、6組使うシックスパック・ベジーク(チャイニーズ・ベジーク)などが盛んにプレイされていたこともありますが、現在ではプレイされていないと思われます。

 このゲームはトリックテイキングゲームなのですが、山札から引いてきたカードによる点数がかなり大きいゲームです。半分は、麻雀のように役をつくるゲームであると考えたほうがいいかもしれません。

 ピノクルはアメリカのゲームです。ピノクルの2人ゲームはを抜いた24枚のカードを2組使うゲームですが、カードの枚数以外は、ベジークとほとんど同じゲームです。3人用や4人用のゲームはかなり違うゲームですので、別の機会に紹介します。


プレイヤー

 2人

カード

 通常の52枚のカードから各スートを除いた、32枚のカードを、組混ぜあわせて使います。

 カードの強さのランクは(強い)10(弱い)の順です。

ディール

 ドローして高いランクのカードを引いたプレイヤーが、誰が最初のディーラーになるかを決めることができます。次回からは、交代にディーラーになります。

 ディーラーは、カードをまず3枚ずつまとめて配り、次に2枚ずつ配り、最後に3枚ずつ配ります。つまり、各プレイヤーは8枚ずつ手札を持つことになります。

 次にディーラーは、配り残しのカードのうち、1番上のカードを表向きにして、テーブルに置きます。このカードが切札表示カードとなり、そのカードと同じスートのカードが、そのディール切札となります。

 残りのカードは、切札表示カードの上に交差させて置きます。これが、山札となります。切札表示カードも、1番下にある山札と考えます。

 切札表示カードがのカードだった場合、ディーラーは直ちに10点得点します。

プレイ

 ノンディーラーが最初のリードを行い、 トリックテイキングのプレイをします。

 リードされたカードのスートをフォローする必要はありません。どのカードでもプレイできます。

 通常のトリックテイキングゲームと同様に、切札がプレイされている時は、1番高いランクの切札を出したプレイヤーが勝ち、切札が出ていない場合は、リードしたカードのスートで、1番高いランクのカードを出したプレイヤーが勝ちます。

 同一のカードがプレイされた場合には、先に出した方が勝ちます。(カードを2組使うので、同一のカードすなわち同じスートで同じランクのカードが2枚ずつあります。)

 勝ったプレイヤーは、取ったカードをテーブルの自分のそばに置きます。裏向きに置いても、表向きに置いてもかまいません。次に、そのプレイヤーは手役の宣言(後述)を行うことができます。そのあと、山札の1番上から、カードを1枚取って、手札に加えます。そのあとで、負けた方のプレイヤーも同様に1枚とります。それから、勝った方のプレイヤーが次のリードを行います。

山札がなくなったあとのプレイ

 ただし、最後の山札を取ってしまったら、その直後のトリックから、ルールは次のように変わります:

 リードされたカードと同じスートのカードを持っていた場合、同じスートをフォローする義務があり、さらに、可能ならばリードされたカードよりも高いランクのカードを出さなければなりません。たとえば、Hがリードされた場合に、ハートではを持っていたならば、を出さなければなりません。しかし、だけしか持っていなければ、を出します。

 リードされたスートのフォローができない場合、切札を持っていたら、切札を出さなければなりません。リードされたスートも切札もない場合に限り、どのカードでも捨て札することができます。

 山札がなくなったら、トリックを取っても、手役の宣言をすることはできません。

トリックによる点数

 エース10のカードを、ブリスクと呼びます。トリックで取ったブリスク1枚につき10点が得られます。

 最後のトリックを取ったプレイヤーには、さらに10点が与えられます。

 したがって、トリックで得られる点数の合計は90点となります。

手役

 トリックで勝ったときに、以下のような組み合わせのカードが手札にあった場合には、手役として宣言して、得点することができます。その手役のカードは、自分の前のテーブルの上に表向きにして公開します。公開されたカードはそのままテーブルに置かれますが、手札の一部として扱われます。

 なお、1度に宣言できる手役は1つだけです。つまり、2つ以上の手役を宣言するためには、2回以上トリックに勝たなければならないわけです。

シークエンス(切札の10 250点
ロイアル・マリッジ(切札の 40点
普通のマリッジ(切札以外の同じスートの 20点
フォー・エース(どのでも4枚) 100点
フォー・キング(どのでも4枚) 80点
フォー・クイーン(どのでも4枚) 60点
フォー・ジャック(どのでも4枚) 40点
ベジーク(SD 40点
ダブル・ベジーク(Sが2枚と、Dが2枚) 500点

 すでに宣言している手役のカードは、別のカードと組み合わせて、同じ種類の手役として宣言することはできません。しかし、別の種類の手役の一部として宣言することはできます。

 例えば、マリッジとして使ったのうちのを、フォー・キングのの1枚として、後でまた宣言することはできますが、別の同じスートのと組み合わせて、再びマリッジとして宣言することはできません。

 また、シークエンスを宣言した後に、その中の(あるいはその両方)を使って、ロイアル・マリッジを宣言することはできません。しかし、ロイアル・マリッジを宣言した後に、そのカードの両方(または片方)を使ってシークエンスを宣言することはできます。

 同様に、ダブル・ベジークを宣言した後に、そのカードを使ってベジークを宣言することはできません。しかし、ベジークを宣言した後に、ダブル・ベジークを宣言することはできます。ベジークを2つ宣言してから、ダブル・ベジークを宣言することも可能です。

 なお当然ながら、既にプレイされてしまったカードを手役の一部にすることはできません。

切札の

 切札のを持っているプレイヤーは、そのことを宣言すると、10点が得られます。宣言のしかたには次の2つがあります:

 .手役の宣言と同じように、トリックに勝ったときに行います。(ただし、別に手役の宣言も行うことができます。)この場合には、持っている切札のを、切札表示カードと取り替えることができます

 .あるいは、いつでも宣言することができます。プレイするために、切札のを出した時でもかまいません。ただしこの場合には、切札のを、切札表示カードと取り替えることはできません。

 切札のは2枚あるので、普通は最初の切札のの方法で宣言し、2番目はの方法でプレイと同時に宣言します。

 どちらの場合でも、切札のを宣言したカードは、手札に戻します(あるいは、プレイされます)。手役のカードのようにテーブル上に公開しておく必要はありません。

得点の方法

 手役や切札のの得点は、直ちにスコアをつけます。

 ブリスク(10)の得点や、最後のトリックの得点は、プレイが終了してから、つけます。

ゲーム

 ディールが終了したときに、少なくとも片方のプレイヤーが1000点以上になっていたら、ゲームは終了します。勝者はもちろん得点の多いプレイヤーです。同点ならば引き分けになります。


ピノクル(2人ゲーム)

 ピノクルでは、通常のトランプのを除いた24枚のカードを組混ぜて使います。

 ディールは、4枚ずつまとめて3回、つまり12枚ずつ配ります。

 トリックで取ったカードの点数は、が11点、10は10点、は4点、は3点、は2点、は0点となります。

 他のルールは、ベジークと同じです。ただし、切札のは切札のになります。また、SDの組み合わせは、ピノクルと呼ばれます。

 また、山札がなくなったあとのプレイにおいて、ベジークでは、リードされたカードと同じスートのカードを持っていた場合、可能ならばリードされたカードよりも高いランクのカードを出さなければなりませんが、2人用ピノクルでは、切札以外がリードされた時には、この義務はありません。切札がリードされたときに限り、可能ならば、リードされた切札より強い切札を出さなければなりません。


用語

 本文中の用語の英語の原語は次の通りです。

 山札:Stock or Stock Pile、手役:Meld or Scoring Convination、シークエンス:Sequence、ロイヤル・マリッジ:Royal Marriage、マリッジ:Marriage or Common Marriage、フォー・エース:Four Acesor Hundred Aces、フォー・キング:Four Kings or Eighty Kings、フォー・クイーン:Four Queens or Sixty Queens、フォー・ジャック:Four Jacks or Forty Jacks、


 ベジークの山札がなくなったあとのプレイは、本文のようでなく、フォローの義務だけがあって、フォローできなければどのカードを出してもよいというルールもあったようですが、現在では行われていないと思われます。("Hoyle's GamesModerized" by Lawrence H. Dawson, first published in 1923)

 本文では、最後の山札をとってしまうとき(直前)の手役の宣言は可能ということになりますが、このときも手役は宣言できないというルールもあります。

 切札のの宣言は必ず、本文のの方法で行わなければならないというルールもあります。逆に、の方法で必ず行う(交換はしない)というルールもあります。

 切札のの方法で宣言した場合、手役の宣言ができないというルールもあります。

 1人が1000点以上得点してゲームが終了したとき、もう1人のプレイヤーが500点に達していなかったら、倍勝ちにするというルールもあります。

 ゲーム終了の点数を、1000点でなく、1500点や2000点にすることもあります。

 ゲーム終了時に同点の場合には、引き分けでなく、もう1ディールプレイするという方法もあります(それでも同点の場合はさらに1ディールずつプレイします。

 また、ゲーム終了の点数を、そのような場合だけ、500点上げるというやり方もあります。