トップに戻る

コルージョン
(Collusion)

2011/8/6 赤桐

 David Parlett氏の作ったゲームです。Collusionというのは、共謀とか談合とかいう意味です。ルールは氏の"The Penguin Book of Card Games", 2008によりました。


プレイヤー

 4人。

カード

 通常の52枚のトランプを使います。ジョーカーは使いません。

 各スートのカードの強さは、AQ10、9となります。

ディール

 最初のディーラーは任意の方法で決めます。次回からは、ディーラーは時計回りに交代します。

 ディーラーは、各プレイヤーに1枚ずつ13枚のカードを配ります。

プレイ

 ディールが終わると、ディーラーの左隣のプレイヤーが最初のリードを行い、時計回りの順にプレイを行います。

 通常のトリックテイキングゲームのルールに従ってプレイします。切札はありません。つまり:

  1. リードされたスートのカードがあれば、そのスートを出します。
  2. なければ、どのカードを出してもかまいません。
  3. リードされたスートの最も強いカードを出したプレイヤーが勝ちます(トリックを取ります)。
  4. 勝ったプレイヤーが次のリードを行ないます。

得点

 各プレイヤーは次のように得点を得ます。

  1. 取った1トリックにつき1点を得ます。
  2. 2人のプレイヤーが同じトリック数を取ったら、その各プレイヤーは10点のボーナスを得ます。(トリック数が13という奇数なのでこのボーナスを得ることができるのは1組だけです。)
  3. 3人のプレイヤーが同じトリック数を取ったら、残りの1人のプレイヤーが30点のボーナスを得ます。
  4. 全員の取ったトリック数が違った場合には、取ったトリック数が最も小さいプレイヤーが20点のボーナスを得ます。

ゲーム

 累計点が100点以上になったプレイヤーが1位となり、ゲーム終了します。ただし、ボーナスを得ないで、トリックの点数だけで100点以上になる場合には、今までの累計点にトリックの点数を足す代わりにトリックの点数を引かなければなりません。

 2人のプレイヤーが同じトリック数を取った結果、その2人が100点以上になった場合には、累計点の高い方が1位です。同じなら、どちらも1位になります。

 2人のプレイヤーが同じトリック数を取った結果、そのうち1人が100点以上になった場合には、もう1人の累計点は100点となり、2位となります。

話し合い

 このゲームでは、プレイ中に何を話し合っても自由です。どのスートをリードしてほしいなどという話をしてもかまいません。ただし、約束をしても必ずしも守る必要はありません。


 なかよし村で2011年8月6日にプレイしました。

 1つのテーブルでは活発に話をしていて同じトリック数になることも多かったようですが、私のテーブルではあまり同じトリック数にならなかったため、低いトリック数で点数を取るのを狙うゲームのようになっていました。

 いろいろ作戦を考えることのできるゲームでした。