トップに戻る

タルトリ(tartli)

2021/10/1 赤桐

ハンガリーで19世紀末から20世紀の初めにかけて流行したゲームです。 オーストリアでもほぼ同じゲームがタルトル(tartl)の名前でプレイされたことがあります。 トリックテイキングゲームですが、手役による点数も大きな比重を占めます。

ゲームの系統としては違いますが、ピケットと同じような感じのゲームです。

ルールはPagat.comによります。


プレイヤー

2人

カード

32枚の固有のトランプを使います。

スートはどんぐり(makk)、葉っぱ(zöld)、ハート(piros)、ひょうたん(tök)です。

各スートのカードは、次のようになります。

:エース (ász)、:キング(király) 、:オーバー=上士官=クイーン(felső)、:ウンター=下士官=ジャック(alsó) 、10

カードの強さなどのランクと点数は次のようになります。

切札の場合 ランク 10
点数 20 14 11 10 4 2 0 0
切札以外 ランク 10
点数 11 10 4 3 2 0 0 0
シークエンスの並び順 ランク 10

メルド(手役)

手札に次の3種類のどれかの組み合わせのカードがあれば、点数になる可能性があります。

シークエンス(sequence)

3枚以上の同じスートの続き札です。続き方は上記の表のシークエンスのところを見てください。 は続きません。

名前 枚数 点数
テルツ(Terc) 3枚 20点
クバルト(Kvart ) 4枚 50点
クビント(Kvint) 5枚 100点
セクスト(Szext) 6枚 100点
セプト(Szept) 7枚 100点
オクト(Okt) 8枚 100点

セット(set)

4枚の同じランクのカードです。 ただし、の4枚はセットにはなりません。 ランクによって点数が変わります。

ランク 点数
10 100点
150点
200点

ベラ(béla)

切り札のです。40点になります。

メルドの強さ

シークエンスとセットについては、1トリックプレイするごとに、強いものを持っているプレイヤーしか得点できません。 強さの順は次のようになります

  1. セットのほうがシークエンスより強い。
  2. セットは切札のときの強さの順に強さが決まる。つまり、10の順。
  3. シークエンスは、長いシークエンスのほうが、短いシークエンスより強い。
  4. 同じ長さのシークエンスなら、最高位のカードのランクの高いシークエンスのほうが強い。このランクの順は、シークエンスのときの順。つまり、10
  5. 長さもランクも同じシークエンスなら、切札のほうが強い。
  6. 長さもランクも同じシークエンスで、どちらも切札でなければ、最初に宣言したほう(トリックのリードを行うプレイヤーのシークエンス)が強い。

ディール

最初のディーラーは任意に決めます。 例えば、各プレイヤーがカードをドローして、低いランクのカードを引いたプレイヤーが最初のディーラーになります。 次回からはディールごとに交替します。

カードは3枚ずつまとめて3回配ります。 各プレイヤーの手札は12枚になります。

残りの14枚のカードの一番上のカードは表向きにしてテーブルに置きます。 このカードのスートが切札になります。 このカードを切札表示カードと呼びます。

残りのカードは裏向きに切札表示カードの上の置きますが、 切札表示カードのインデックスが見えるように交差して置きます。 これがタロン(山札)となります。

プレイ

ディーラーでないプレイヤーが最初のリードを行い、 トリックテイキングゲームのプレイを行います。

切札がプレイされたときは最も強い切札をプレイしたプレイヤーがトリックを取り、そうでないときはリードされたスートで最も強いカードを持っているプレイヤーがトリックを取ります。 トリックを取ったプレイヤーが、手札から自由に1枚を出して、次のリードを行います。

最初の7トリックのプレイの直後(タロンがあるとき)、 勝ったプレイヤーが次のリードの前にタロンの一番上のカードを取り、 負けたプレイヤーもタロンの一番上のカードを取り、手札に入れます。 なお、切札表示カードもタロンとして扱います。

最初の7トリック(タロンが残っているとき)には、何がリードされても、自由にカードを出すことができますが、 そのあとは、リードされたスートがあれば、そのスートのカードを出さなければなりません。 リードされたスートがなければ、どのカードを出してもかまいません。

切札表示カードの交換

タロンに切札表示カードが残っていて、手札に切札のがあれば、プレイでリードを行う前に、切札表示カードと切札のを交換することができます。 リードされたカードに対してプレイするときでなく、リードするときでなければなりません。

次に述べるメルドの宣言を行うときには、メルドの宣言の前に行わなければなりません。 (もちろん、交換をわざと行わないで、メルドの宣言をしてもかまいません。)

メルドの宣言

1回目から8回目までの各トリックで、各プレイヤーはメルドを宣言することができます。

まず、リードを行うプレイヤーが、宣言をします(もちろん、しなくてもかまいません)。 このときシークエンスの種類(つまり枚数)を宣言するか、「セット」とだけ宣言します。 そのあと、カードをリードします。

次に、もう1人のプレイヤーは、それより強い可能性のあるシークエンスの種類(つまり同枚数以上のシークエンス)、またはセットを宣言することができます。

同じ枚数シークエンスの場合は、まずリードを行うプレイヤーが最高位のランクを「キング」などと宣言し、もう1人が「それより低い(good)」「それより高い(higher her)」または「同じ」と宣言します(同じランクで切札の場合は、「それより高い」と宣言できます)。同じならば、リードを行うプレイヤーが切札かどうかを宣言します。

セットの場合は、まずリードを行うプレイヤーがランクを「オーバー」などと宣言し、もう1人が「それより低い(good)」「それより高い(higher her)」と宣言します。

そのあと、リードを行わなかったプレイヤーは、プレイを行います。

このあとに、強いメルドを持っていたプレイヤーは、自分の持っているすべてのメルドを得点します。 このとき、各メルドの種類(シークエンスなら枚数)とランクを宣言します。

このトリックでプレイに使用したカードは、メルドに含めることができます。

宣言したけれど弱かったので得点しなかったメルドは、あとのトリックで得点することができます。 シークエンスで得点したプレイヤーは、

宣言で得点しても、あとで、得点したメルドと違うスートのシークエンスや違うランクのセットで得点することができます。 同じスートのシークエンスであっても、次の条件のどれかにあてはまれば、得点することができます。

  1. 以前のシークエンスより最高位のカードのランクが高い。
  2. 以前のシークエンスより長い。
  3. 以前のシークエンスと同じカードが1枚もなく、かつ、以前のシークエンスと新しいシークエンスとの間に1枚以上の隔たりがある。

ベラについては、上記の宣言の機会にいつでも宣言することができ、必ず得点します。

得点

プレイが終わると各プレイヤーは取ったカードの点数を合計します。 最後のトリックを取ったプレイヤーには10点が加算されます。 これらの点数の合計は161点です。

もし1人のプレイヤーが最後の9トリックを全部取ったら、上記の点数の代わりに161点を得点し、相手の得点は0点になります。

1人のプレイヤーが501点に達したら、1ゲームが終わります。 勝ったプレイヤーは1ブリ(buli)を得ます。 もし、もう1人の点数が250点以下なら、1ブリでなく、2ブリを得ます。

プレイの途中でも、宣言した手役や取ったカードの点数で、501点に達したと思ったプレイヤーは、それを宣言してゲームを終えることができます。 それが正しければ、そのプレイヤーの勝ちになります。 このとき、相手の点数は関係ありません。 もし501点に達していなければ、それでもゲームは終了し、相手の勝ちになります。 なお、最後の9トリックを全部取ろうとしていても(全部取ったあとでなければ)501点の宣言があったらそこで終わり、それまで取ったカードの点数が計算されます。

どちらも宣言しなくても、ディールが終わって501点に達したプレイヤーがいたら、そのプレイヤーの勝ちになります。 両方のプレイヤーが501点以上ならば、点数の多いプレイヤーが勝ちになります。 同点なら次のディールを開始し、最初に得点したプレイヤーの勝ちになります。

通常、何ゲームか行って、1人が5ブリまたは10ブリになったら終了し、ブリの差額を精算します。


2021年10月2日、プレイしました。

ランクや細かいルールは難しいですが、基本的には手役ありのトリックテイキングゲームということで、違和感なくプレイできました。

手役の改善を優先するか、トリックを取るのを優先するかで悩ましいのですが、とても面白くプレイできました。

2人用トリックテイキングゲームのベストゲームの1つだと思います。