トップに戻る

ブリスコラ(Briscola)

1995/8/10 赤桐

 スコパ(あるいはスコポーネ)やトレセッテ(カラブラセラの仲間)と共に、イタリアの3大ゲームの1つです。スペインでもブリスカ(Brisca)という名前でプレイされています。

 ベジークなどの祖先のゲームと似ている、とても古いゲームです。

 わりあい気楽にプレイできて面白いゲームだと思います。

 このルールはDavid Parlette氏の"A Dictionary of Card Games"に基づきます。


人数

 2人〜5人。おもに4人でプレイします。4人のときは向かい合った2人がパートナーになります。

カード

 40枚のイタリアパックのカードを使います。普通のカードでプレイするときには、52枚のカードから、10を除きます。

 3人でプレイするときには、いずれかのスートのカードを1枚除きます。

カードの強さ

 強いものから順に、エースキング(Re)、クイーン(Cavallo)、ジャック(Fante)、です。

カードの点数

 カードにはそれぞれ点数があります。この点数をたくさん取ることが、プレイの目的となります。

エース11点
10点
キング4点
クイーン3点
ジャック2点
0点

 全カードの合計点は120点となります。

ディール

 カットして一番弱いランクのカードのプレイヤーが最初のディーラーになります。同位カードは引き直します。

 ディーラーはディールごとに反時計回りに交代します。

 ディーラーは各プレイヤーに1枚ずつ3枚カードを配ります。配りかたは、ディーラーの右隣から順に反時計回りです。

 次のカードは切札表示カードとして表向きにします。このカードのスートが切札となります。残りのカードは山札として裏向きのまま切札表示カードの上に置きます。ただし、切札表示カードはインデックスが見えるように、すこしずらしておきます。切札表示カードも、最後には、山札として扱われます。

プレイ

 ディーラーの右隣のプレイヤーが最初のリードを行い、 トリックテイキングのプレイをします。プレイは反時計回りです。

 トリックに勝ったプレイヤーは、山札が残っていれば、次のリードを行う前に山札から1枚取ります。他のプレイヤーも反時計回りに1枚ずつ取っていきます。

 最後の3トリック以外は、フォローの義務はなく、どのカードをプレイしてもかまいません。最後の3トリックでは、フォローの義務が生じます。フォローできないときには、どのカードを出してもかまいません。

ゲーム

 プレイが終わると、自分の取ったカードの点数を計算します。4人ゲームでは、パートナーどうしの点数を合計します。

 最も多い点数を取った取った方が、そのディールの勝者になります。同じ点数の場合は勝者はありません。3人ゲームの場合はトップの2人が同点でも誰も勝者になりません。

 最初に勝した方がゲームに勝ちます。

シグナル

 4人ゲームの場合には、次のような顔のシグナルで、パートナーに自分の持っている切札を知らせることができます。シグナルは敵側に見られないように注意して行ってもかまいません。

エース唇を堅く結ぶ
口を横に歪める
キング目を天に向かって上げる
クイーン舌の先を見せる
ジャック片方の肩を上げる

見せ合い

 4人ゲームの場合、最後の3枚になったら、パートナーどうしは手札を見せ合うことができます。もちろん、敵には見せません。


 Johne Scarne氏の"Scarne's Encyclopedia of Games"によるルールは次の点が違います。

  1. 4人ゲームのみを記述しています。
  2. 切札表示カードは山札の横に置きます。ただし、やはり最後の山札として扱います。
  3. 最後の3トリックでもフォローの義務はありません。
  4. 取ったカードの点数を累計して、先に121点になった方が、ゲームの勝者となります。ゲームの途中でも、121点に達したと思ったら終了できます。もしそれが間違っていたら、負けとなります。
  5. シグナルについて具体的な解説はありません。